筋トレ・運動

2018年の筋トレを振り返り!ゆるめの筋トレを週2で続けたくらいで筋肉量は増えたのか?

年末にスクワットの効果的なやり方を、ジムのムキムキなスタッフさんに教えてもらって、いかに自分のやってたスクワットが緩かったかを痛感しました。

実際、私の筋トレは、ゆるかったです。

ジムが混んでると、マシンは使用中だし、フリーウェイトゾーン(ダンベルやバーベルなどが置いてあるところ)もスペースがありません。そうなると、空いているところを短時間でササっと終わらせて帰るなんてこともありました。

そんな自分に甘い私の筋トレの結果、どうだったのかを振り返ります!

2018年の筋トレ実績

2017年は、超を何個付けたらいいかわからないほどの筋トレ初心者でした。筋肉量も、筋力も弱く、週1回筋トレをするのが精一杯。託児のあるジムだからこそ、週2回はジムに行くという習慣を付けられた感じです。

筋トレは約週2回のペースを維持

2018年は、ジムに週2回行って筋トレをするのも苦じゃなくなりました。一週間も空けると、同じメニューでもしんどくて、「なるべく週2回行こう…!」と自然と思えるくらいに筋トレが生活の一部に。

気分や体調、スケジュールによって色々組み合わせています。脚については、宅トレでご紹介する本が秀逸でした。

主な筋トレメニュー

回数は、マシンは10回×3セット、ダンベルは15回×2〜3セット、宅トレは本に沿って…3セットと言いつつ2セットで終わらせることが多かったですね。

ジムマシン

  • レッグプレス(お尻や脚を鍛える)
  • ラットプルダウン(背中を鍛える)
  • アブダクション(外ももを鍛える)
  • アダクション(内ももを鍛える)

ダンベル・フリーウェイト

  • ダンベルプレス
  • スクワット
  • 二の腕系いろいろ

宅トレ

女性専門トレーナーの石本哲郎さんの著書「脚からやせる神トレ」がすごくよかったです。やれば力を入れなくても良い姿勢で立つことができます。

初めて「あ、これがニュートラルなポジションの姿勢なんだな」と実感できました。いかに背面の筋肉が大事かを、身を以て体験できるでしょう。

筋トレ仲間ができて励みになった

同じ幼稚園に通っているママさん数人と知り合うことができました。その中に1人、かなり本気の方がいて、私のモチベーション継続の助けになりました。子どもの長期休みの時に、一緒にジムに行って、筋肉トークに花を咲かせる関係です。

それ以外で深い親交があるわけではありませんが、母となって初めてといえる《子ども抜き》での関わりでできた友人なので大切にしたい存在です。

2018年の食事内容

2018年の食事については・・・

  • 白米:玄米=1:1
  • 夕食メニューはほぼヨシケイ
  • 糖質制限、脂質制限はなし
  • 朝プロテイン、たまに夜プロテインも

暴飲暴食はほとんどしていません。制限もしていません。子供たちが大好きなマクドナルドはたくさん行きましたし、食べていました。

夕食はほぼ「ヨシケイ」という夕食宅配サービスに頼っていたので、大まかな摂取カロリーがわかります。たんぱく質は20g前後で、脂質と糖質は日によって変わってきます。

よくキャンペーンをやっているので、興味のある方はこちらから見てみてください。
>>【お試しキャンペーン実施中】お家で作ろう!簡単レシピでバランスごはん♪

2児の母なので(←言い訳)、家事は手抜きして、ストレスを極力少なくして、ご機嫌な日を増やすのを優先していました。

そのほかは、Amazonフレッシュ楽天西友ネットスーパーで済ませて、買い物の時間も体力も節約しました。重たいものを玄関先まで持ってきてもらえて有難い時代です。

さいごに

自分の限界に挑戦せず、自分に甘い、ゆるめの筋トレでした。にも関わらず、INBODYという体組成計での計測結果では、筋肉量はUP!インスタ映えするほどの体の差はありませんが、筋肉量が減っていないという結果にとても満足しています。
2019年は、筋トレの知識が豊富な味方を付けたので、筋肉量を上げて、夏に向けて仕上げていきます!!