>> 33歳から筋トレを始めた主婦の日常ブログ <<

二の腕が筋トレで子供と同じくらい柔らかくなる!しなやかな筋肉作り!

柔らかい二の腕にしたいなら筋トレ必須!

週2ペースのジムで、ダンベルを使って筋トレを続けています。

フリーウェイトエリアで筋トレをするようになってから、ダンベルで、背中や胸の筋肉を鍛えていました。重たいダンベルを持つので、同時に腕も鍛えられます。

頼りなさそうだった二の腕が少し頼もしくなってきたころ、力こぶがポコっとできるようになっていることに気づきました。

腕の前側ばかりが鍛えられるのはちょっとヤダな・・・と思ったので、二の腕の振袖部分・・・すなわち二の腕の裏側を鍛えることにしました。

すると、ある日ふと気づいたんです。

自分の二の腕の感触が、ぷにぷになうちの3歳児並みに気持ちいいことに・・・!

いい筋肉は、力を入れた時に固く、力を抜いているときは柔らかいんですって。

ということは、私の二の腕は今、いい筋肉が付いている状態ということみたい。

今回は、筋肉なしだった私の二の腕の変化と、何をどう実践したかをご紹介します!

筋トレする前の私の二の腕について

筋トレを始める前は、毎日デスクに座って、長時間のPC仕事をしていました。

肩こりなんか当たり前。実感はありませんでしたが、常に腕が緊張状態だったようです。

その状態のまま、妊娠・出産。

初めての授乳で、手首は腱鞘炎に。

授乳はやめるわけにはいかないので、なかなか治りませんでした。

腕全体の緊張も原因だったと思います。少なくとも、ぷにぷにではありませんでしたね。

筋トレ後の二の腕

ぷにぷにになったとはいえ、太くなったわけではありません。

とにかく柔らかく、質感のいい二の腕になりました。我が子のほっぺたのようです。

ベッドに寝転んだ時に、二の腕の筋肉の抵抗を感じなくなったんです。

ちょっとした感動すらあるので、「私、筋肉質なのよね」「私の腕、硬いのが普通なのよね」なんて思っている人には、是非筋トレを試していただきたいです。

女性のほとんどは、自覚しているよりも全然筋肉もパワーもありません。試してみる価値ありです!

私が二の腕のために行った筋トレはたった2つ

私が二の腕が柔らかくなったなーと実感した時にやっていた筋トレは、次の2つでした。回数を目標にするよりも、とにかく丁寧にやることがポイントです!

ダンベルロウイング

広背筋という背中の筋肉を鍛えるためのトレーニングです。女性の場合、腕の筋肉が弱いので、二の腕の筋肉にも効果覿面!

ダンベルロウイングのトレーニングをするときは、ちゃんと背中を意識してくださいね!

ダンベルトライセプスカール

ザ・二の腕の引き締めトレーニングです。軽いダンベルでも効きます。筋トレ経験がない人は、初めは何も持たなくても、すぐピリピリとしてくると思います。

500mlの水の入ったペットボトルでも十分に鍛えることができるので、自宅でも実践しやすいですよ。

二の腕が振袖状態の人に、一番にオススメしたい筋トレです。

まとめ

太ももはまだまだぷにぷにとは程遠い状態ですが、二の腕は効果が出やすかったので、「やれば効果があるんだ〜」と、モチベーションが上がりました。

スクワットとかは大変そうでちょっと…なんて人は、二の腕からやってもいいかもしれません。

ジムに行く時間がない、子供がいるから通えない…という人は、好きなレベルのトレーニングレッスンを受けられるLEAN BODYという動画サービスがおすすめです!

月額1,480円なんですが、今なら30日間無料でお試しできます。