バレットジャーナル

バレットジャーナルで家計簿習慣をつけよう

家計簿、付けてますか?

わたしは恥ずかしながら付けていませんでした。続いたのは最長3ヶ月…ある程度把握できたら満足して付けなくなってしまいます。

でも、バレットジャーナルに取り入れてみたら思いのほか良かったので、わたしのやり方をご紹介します。

家計簿を付ける前にルールを決める

バレットジャーナル 家計簿例

家計簿を付ける前に、どういった精度で家計簿をつけるのか、全部記録するのか、それとも変動費(生活費や日用品費)のみを記録するのを決めておきましょう。

わたしは、固定費の支出額は大体把握しているため、生活費・日用品費・外食・交通費・その他のみを記録しています。

大事なのは予算決めをしておくこと。

ただ記録するだけでは節約できているのかがわかりにくいです。

毎月のセットアップの時に集計ページを設ける

月初めに、毎日使った金額を記入できるよう、家計管理ページを作りましょう。

記録したい費目を書けるような表にします。

日々の支出の詳細はデイリーページに書いておくので、この日使い過ぎてるのは何でだろう?と振り返る場合はデイリーページを参照すればOKです。

明細や購入店舗はデイリーに記入する

わたしは購入店舗とそこで支払った合計金額のみをデイリーページに記入しています。

1日のおわりに、集計ページに合計金額を記入するだけ。

何を買ったかの内訳が知りたい人は、レシートを貼ったり、づんの家計簿方式に一点一点商品名と金額を記入してもいいと思います。

特に家計簿初心者は、明細も記録することをオススメします。

まとめ

毎日書くのが習慣になったバレットジャーナルを利用して、使ったお金の記録をしちゃおうというお話でした。家計簿をつけると衝動的な買い物が減るので、続けるためにも簡単な方法で書いていきたいですよね。