バレットジャーナル

ジブン手帳やトラベラーズノートでバレットジャーナルをしてみた感想

2016年はバレットジャーナルの手法でジブン手帳を使っていました。

2017年は、トラベラーズノートでバレットジャーナルを続けていました。

そして、2017年の途中からMDノート(方眼)でバレットジャーナルをして今に至ります。

ジブン手帳を使っていた頃は、出産後一年にも満たなかったため、睡眠を優先し過ぎて、手帳はほとんど白紙…。あまり書き込めず、不完全燃焼ではあったものの、振り返るとそれなりに良い思い出が詰まるものになっていました。

ジブン手帳でもトラベラーズノートでもバレットジャーナルで使うことはできるので、使い心地ややり方をご紹介します。

ジブン手帳でのバレットジャーナル

ジブン手帳の使い心地

ジブン手帳は、自分史を記録するLIFEと、マンスリーやウィークリーバーチカルやガントチャートがあるDIARYと、方眼ノートのIDEAの3冊セットになっています。

はっきり言って、とても良かったです。

紙の薄さ、書き心地、レイアウトなど、どれも不満はありません。

A4サイズのプリントも、三つ折りにして挟めば、はみ出ません。

ジブン手帳でバレットジャーナル

私の場合、少しでも軽くしたかったのでLIFEは外しました。

DIARYはそのまま使って、IDEAにデイリーのページを作って使っていました。

IDEAに作ったページは、

  • INDEX
  • デイリーページ
  • その他好きなページ

これだけです。DIARYにマンスリーカレンダーや、ウィークリーページ、さらにガントチャートがあるので、手書きでマンスリーページや習慣トラッカー(HABIT TRACKER)を用意する必要がありません。

一週間を俯瞰できて、時間も見えるバーチカルのウィークリーページは、予定が立て込んでいるときに重宝します。

手書きで作るのはなかなか手間がかかるので、助かりました!

トラベラーズノートでのバレットジャーナル

トラベラーズノートの使い心地

牛革カバーに、お好みのリフィルを差し替えて使えるトラベラーズノート。

紙質は少し厚めで、1冊のページ数は60ページくらい。

革の手入れが楽しめる人にオススメなノートです。

リフィルも、無地、方眼、横罫、マンスリー、ウィークリー+メモ、などなど色々あります。

旅先で絵を描いたり、チケットをペタペタ貼ったりと、ほぼ日手帳に並んで自由に楽しむ人が多い手帳です。というかノートです。

トラベラーズノートでバレットジャーナル

わたしの場合は、夫が使わなくなったものを譲り受けて使うことにしたのがきっかけでした。

使い方としては、ほとんどジブン手帳と同じです。ダイアリーのリフィルもあって、カレンダーを書くのが面倒な人は、こちらと、方眼リフィルを一緒に挟んで使うのがオススメ。

ジブン手帳やトラベラーズノートでバレットジャーナルをしてみた感想

バーチカル派の人は、こちら!

「翌年の手帳にもバーチカルは絶対欲しい!」と思っていたので、ちょうどいいタイミングで発売されたこのリフィルを見て、トラベラーズノートに変える決心がつきました。

マンスリーページはありませんでしたが、全然平気でした。

大まかな予定はiPhoneのアプリで、夫婦で共有しているので、そちらを参照すれば問題なしです。

それよりもいかに荷物を減らすかが大事でした。

まとめ

ジブン手帳もトラベラーズノートも、複数冊の構成ですが、それでも実現できてしまうのがバレットジャーナル。

普通のノートだとセットアップが面倒な人は、ジブン手帳やトラベラーズノート、システム手帳を使うといいと思います。

わたしは月末にセットアップするのが気分転換になるので、MDノートに落ち着きました。

モレスキンのハードカバーのノートにも憧れますが、価格と重さ、紙の厚さが、手頃感に欠けるので、子育てが落ち着いて荷物が減るまではMDノート一択かな…と。