>> 33歳から筋トレを始めた主婦の日常ブログ <<

筋トレを2年続けてみてわかった、筋トレが続く理由と、続けるコツ

筋トレを初めてから、早2年…運動嫌いの私がなんでこんなに続けられているのかについて、書いていきます。

筋トレを初めて増えた体重は約3〜4kg。

正直なところ、私も筋トレをする人に対して、なぜ筋トレ中心の生活なの?そんな人生楽しいの?なんて思っていました。

でも、そんな偏見の目で見ていた「筋トレ」が、もうやめられなくなったんですよね。

というわけで、私が筋トレが続けられている理由と、筋トレを続けるためのコツをご紹介します。

筋トレが続く理由3つ

私が筋トレを続けられている理由は、大きく分けて3つ。

  1. 着実に成長できているという実感がある
  2. 体型の変化が実感できる
  3. サボると後退していると痛感してしまう

1. 着実に成長できているという実感がある

前はうまく使えていなかった筋肉が、次第に使えるようになっていくのが分かります。初めは筋肉が未熟で、フォームも思い通りにいかないことがありましたが、今は上手くできるようになりました。

週に1度の筋トレで、その週はヘトヘトだった程度の体力は、今では2回でも全然余裕です。

階段の上り下りも、動悸息切れしなくなりました。

年齢を重ねているのに、若い頃よりも体力があるように思います。(デスクワーク中心で運動嫌いだったので、疲れやすくて、本当に体力なんてありませんでした)

2. 体型の変化が実感できる

もともと大きなお尻だったんですが、30歳に近づくにつれて、どんどん垂れ、出産後おそるおそる見てみたら…

めっちゃ四角になってましたー!

お尻と太ももの境目もあやふや。

それが、少しずつ上がって、丸くなってきたんです。タイトスカートが似合うようなお尻の形(腰のすぐ下にボリュームがある感じ)になってきました。

似合う服が増えるのは、とっても気分が上がりますよ!

3. サボると後退していると痛感してしまう

ついこの間、引越しや夫の仕事の手伝いなどが重なって、1〜2週間ほどまったく運動ができずにいたんですが…今、見事に衰えを感じます。

ようやく再開できましたが、すごく息が上がってしまうんですよね。前と同じメニューをこなせない。体は凝り固まってしまって、痛いところが…( ´Д`)

食事も簡単なもので済ませていたので、食べたものの脂質量、糖質量がぐんと上がって、ちょっと太りましたー!

ジムに行けなくても、家でできるような仕組みにしないといけないなと反省しました。

筋トレを続けるコツ

筋トレを続けるコツは、無理をしないで、出来ることをコツコツとやること。一回筋トレをすれば

曜日やメニューを決める

週2回ジムに行くと決めたら、行く。家でやると決めたらやる。

回数をこなすのが得意な人なら、回数。

筋トレをやると決めて、体調に合わせてメニューを決めながらやるのが好きなら、そうする。

やりやすい、続けやすい範囲で、ざっくりとした目標

目先の数値(特に体重)を目標にしない

筋トレをすると体重もそれなりに増えていくので、体重計に乗って一喜一憂しないほうが、精神衛生的によいです。

筋肉量を増やそうとすれば、体重が増えますし、体脂肪も付随して少し増えます。

逆に、体重が減ると、筋肉量が減って、体脂肪も減る…水分も含まれているかもしれません。筋肉量は少なからず減るものなので、「せっかく筋トレしているのに、減ってしまった」なんて落ち込んで、やめてしまうキッカケになりかねません。

体重よりも、見た目を重視していると、続けやすくなりますよ。

出来ていることに目を向ける

続けているうちに、少しずつ出来るようになってきます。使うべき筋肉が強くないと、初めは出来ないのは当たり前です。

正しいフォームにしようと、気をつけているけど、なんかうまく行かない…

でも、次にやってみたら、少しできた気がする…

そんな繰り返しです。サボり過ぎると、出来なくなってることもよくあります(泣)

さいごに

体型が変わっていくと、服を綺麗に着こなせるようになってきます。

筋トレをすると疲れる気がするかもしれませんが、実はそこまで疲れません。いや、疲れるんですが、だんだん体力が底上げされていくのが分かります。

まだまだ抱っこが必要な年齢の子供がいると、筋肉痛がキツ過ぎた場合に、ちょっと抱っこが嫌になっちゃうので、ほどほどに…

リフレッシュ目的でやるのが一番続くのかもしれません♪