夜のオムツはずしは頑張らないでOK!昼と夜は別だと考えるとストレスがありません。

夜のオムツはずしは頑張らないでOK!昼と夜は別だと考えるとストレスがありません。

昼間のオムツは外れたけれど、夜はどうしてもおねしょをしちゃう…

トイレトレーニングを進めていくと夜のおねしょが気になりますよね。

4歳半の長女はようやくおねしょがなくなり、もうオムツをしなくてもほぼ大丈夫になりました。

夜のオムツはずしは頑張らせずに、子どもの体の発達を待ちました。膀胱におしっこを夜中溜めておけるようになるのは個人差があるため、ひたすら言い聞かせたり、おねしょをしてしまったというショックを与えて意識させたりするのは、子どもに負担となると考えました。

それに、おねしょの後片付けをするのも大変じゃありませんか?

おねしょに気付いて夜中にシーツ交換しなきゃいけないなんて、授乳期の寝不足が再来しかねません。

どうせなら親も子もストレスなしでいきたいですよね!

わが家の長女の夜のオムツはずし(正確にはオムツはずれ)の軌跡を書きましたので、ご参考いただけるとうれしいです。

昼間のトイレトレーニングは3歳前に完了していた

2歳になり、そろそろトイレトレーニングしなきゃと思って2歳3ヶ月頃からトイレに座らせる練習をしていました。

本人のやる気にムラがあり、1~2ヶ月で中断。

家でのトイレトレーニングは中断したものの、当時通っていた保育園では2時間おきにみんなでトイレに行くという習慣を付けてくれていたので、2歳半くらいになるとトイレに座っておしっこができるようになりました。

保育園での2時間おきにトイレに行くという方法を、家でも実践していたらあっという間にオムツにおしっこをしなくなりました。うんちは隠れて踏ん張る子だったため、トイレでのうんちをマスターするまでに更に数ヶ月かかっています。

幼稚園入園前には完全にパンツ(通称、おねえさんパンツ)でした。※長女は年末生まれ

それでも夜はおねしょをしているという自覚がないようだったので、継続してオムツで寝てもらいました。本人も寝るときはオムツで当たり前といった様子だったので助かりました。

夜のオムツはずしには体の発達が不可欠

赤ちゃんの頃は息をするようにおしっこをしちゃいますよね。寝ているときもどうもそんな感じでおねしょをしているように見えます。

夜のオムツがはずれるためには体がしっかり発達していないと、どうしても出ちゃうようです。

オムツがはずれるためには次の条件が必要になるそう。

  • 膀胱におしっこを溜めておけるようになる
  • 寝ているときのおしっこの量を抑えるホルモンが増える
  • おしっこが溜まってくると目が覚めるようになる

寝ているときのことなので、意思でどうこうできる問題でもありませんよね。体の発達を待つのが一番いいと思います。

わが子の場合ですが、おねしょをしない日が出てきたころにようやく身長100cmとなりました。成長曲線のやや下の方にいる長女なので、より気長にやっていこうと考えていました。

夜のオムツはずしをする前に考えておきたいこと

夜のオムツはずし、練習する派と、わたしのように自然に任せる派がありますが、どちらを選択するかをまず決めましょう。

わたしは練習する方がデメリットが大きいと思って自然に任せることに決めました。

練習することのメリット

  • おそらく早くオムツはずしができる
  • 早くオムツを卒業出来たら、オムツ代がかからなくなる

練習することのデメリット

  • おねしょ布団・シーツなどの洗濯や布団干しがたいへん
  • 本人がショックを受ける
  • 一緒に寝ている人が夜中に目が覚める

自然に任せる場合はのメリットとデメリットはこれらの逆ですね。

長女は夫と寝ているのですが、深夜に帰宅してぐったりと寝ている夫を起こす羽目になることが一番の懸念事項だったのでオムツははずせませんでした。

わたしも産後の体にムチ打って布団を干すのは避けたかったので、自ずと自然に任せるという選択を取りました。

練習で外したママさんに話を聞くと「毎日のように布団干したりシーツ洗ったりしたよ~。大変だった~。今もたまにするしねぇ。」とおっしゃってましたよ。

夜のおむつはずし:わが家の場合

  1. 4歳になってすぐくらいまで → 月に1度おねしょしない日があるかないか
  2. 4歳2ヶ月ごろ → 週に1~2度、おねしょなし
  3. 4歳4ヶ月ごろ → 週の1度程度のおねしょ
  4. 4歳半ごろ → ほぼおねしょなし

初めておねしょをしなかった日から約半年くらいでほぼおねしょをしなくなりました。お泊り保育がある年長さんまでに外せればいいと考えていたので、あまりの順調さに驚いています。

おねしょをしない日が急増した4歳3ヶ月頃からは、昼間に履いているパンツにおねしょパッドを付けて寝かせていました。「パンツで寝るなんて、ママと同じだね~」という導入が成功し、本人はおねえさんになった~とノリノリで付けていたので本当に助かりました。

おねしょがほぼなくなっても、本人がパッドをしておきたいと言えば付けさせますし、いらないと言えばパンツで寝かせています。パッドを付けていてもトイレに起きる日もありました。体がどんどん発達しているのだなとうれしく思いました。

遊び疲れて寝落ちしてしまった日はパッドをそっと付けておきます。わたしのための保険みたいなものです。

自然に任せるけれど早めに外したいなら作っておきたい習慣

シンプルな習慣ですが、大事な習慣です。

  • 寝る前にトイレを済ませること
  • 寝る前のお水を控えること

これをちゃんと気を付けられた日は圧倒的におねしょの確率が下がりました。

おねしょをしない日がどんどん増えるためのコツ

とにかく褒めること!

わたしの褒めだけでは足りないと思ったので、起きぬけの夫にも大げさに褒めてもらっていました。

わたし「聞いて聞いて!長女ちゃん、今日おねしょしなかったんだよ~!」

夫「おおお~?!すごいやんか~えらいな~」

長女は照れますがうれしそうなんです。

「寝る前にちゃんとトイレに行ったからおねしょしなかったね!」と、付け加えると、トイレに行っておけばまたおねしょしないかもしれないな~と本人もわかってきて、寝る前に自分からトイレに行くようになりました。

おねしょをしない頻度がどんどん上がってきます。

また、オムツからパンツにして、おねしょ用のパッドを付けることで大人の階段を上っている感じを演出してみるのも効果的でした。

「パンツで寝るなんて、ママと同じだね~」というママと同じ、パパと同じ、おねえさんおにいさんと同じという導入はとても効果的なので、アレンジしてご使用ください。

さいごに

5~6歳を過ぎても月に数回以上おねしょをする場合は、夜尿症という病気ととらえて、場合によっては医療機関を受診する必要があるそうです。

逆に言えば5歳くらいにおねしょの回数が減っていればOKということなので、焦らずじっくり向き合ってあげれば自然と外れると思います。

お洗濯大変なのでがんばらない人が増えるといいなと勝手に思っています。