美容と健康

1週間糖質制限をスッパリやめて糖質生活にしてみた!体重と体調の変化は?

糖質制限、無理なくできていますか?

子どもたちが午前保育や長期休みに入ると、子どもたちのごはんは手軽な炭水化物のオンパレードになりがちじゃありません?

食事に気をすり減らしてストレスをさらに溜めてしまうくらいなら、糖質生活に戻してしまってもいいんじゃない?と思って、まったく気にせず食べまくってみました。

その結果、体重はどれだけ増えたのか、ストレスが減って体調はよくなったのかをご覧ください!

美月
美月
そんなに太りゃしないでしょ!って軽い気持ちでした!

糖質生活中の食事内容

ここ一週間ほど、なんだかやる気が起きなくてダラけた生活をしておりました。

幼稚園の係で力仕事、幼稚園通いの長女と絶賛イヤイヤ期の次女、花粉の猛攻撃・・・

あぁ・・・春休みかぁ・・・

イレギュラーな予定が入ることによるストレスってバカにできません。

春休み目前の幼稚園は午前保育。

早帰りの長女と次女の昼食はもっぱらパンやうどん、焼きそば・・・のようなお手軽メニューで済ませてたんですね。

でも自分の食事を別で用意する気力までは湧かず、まぁいっか、と同じものをしっかりと食べました。

美月
美月
今までの食生活に完全に戻ってましたね( ´ ▽ ` )

体重の変化

1週間前 今日
53.5kg 54.2kg(+0.7kg)

糖質制限スッパリやめて食べまくる前の体重よりも0.7kgほど増えました。
これくらいの体重であれば、食事を少し制限すれば元に戻せる範囲です。
一番困ったことは、体調の変化だったんです・・・。

糖質まつりによる体調の変化

1. 体がだる重い

体重の増加に伴って…の割にすごく重かったです。あれ?風邪かな?程度には怠かったです。

一度横になると起き上がるのが難しく、寝込んでしまっていました。

2. 抵抗できないほど眠い

夜更かししていないのに、朝起きてからずっと眠いんです。当日中に仕上げなければいけないものがあって朝方まで作業していた次の日は、立っているだけでフラフラしていたほど。

子どもたちにも申し訳ないくらい寝ていました。

3. なんとなくイライラする

甘いものを常に欲してる!なんてこともありませんでしたが、なんとなく常にイライラしてしまっていました。

そんな深い意味で言ったんじゃないよ、と夫の些細な言葉にも反応していたくらい。こんな表現じゃ喧嘩売ってるように見えるよ、と反論するも、いつもはそんなことで怒ってないからちょっとおかしいよ、と言われるほどでした。

イライラしている自覚もあり、それだけですごく消耗するのでストレスは溜まる一方でした。

まとめ:食べ過ぎはよくない

言ってしまえば何でもそういう結論に至ってしまうんですが…糖質の”食べ過ぎはよくない”と改めて実感しました。

手軽に携帯して食べられるパンやおにぎりはすごく役立っていて、巷に溢れています。しかし、そこに頼る生活を改めることがダイエットおん一番の近道なんじゃないかと思います。

そこで先を見据えた計画的なスケジューリングがポイントになってきます。

糖質をとる機会があるときには、ファンケルの大人のカロリミットを飲むように徹底することにしました。

あわせて読みたい
大人のカロリミットファンケル
糖質制限せずに大人のカロリミットお試しで14日間飲んでみた効果5月くらいから始めた糖質制限でしたが、夏休みに入ってから子どもたちのごはん作りに追われるにつれて、ついつい炭水化物中心のメニューに戻って...

私の場合、ママ友とのランチ会やカフェでの食事の前に飲んでおくと、今回のような体調面で不調にならなかったのでお守りとして携帯しています♪

▼公式サイトで詳細を確認してみる