>> 33歳から筋トレを始めた主婦の日常ブログ <<

プロテインで疲れが取れて、やつれていた私が活動的になれたお話…

なんとなく疲れているけど、運動して体力の底上げをする気力も体力も時間ない…

寝ても覚めても疲れているから凡ミスが増える、という負のスパイラルから抜け出したい…

そんな人にプロテインをおすすめしたいです。

プロテインを飲むことで、私は、家事育児で限りある自分の時間を、元気に過ごせるようになったきっかけになりました。

プロテインを飲み始めて約2〜3年。

それまで栄養ドリンクで補っていた活力ですが、「体力の前借り」という声をよく聞くように、栄養ドリンクの効果が切れてからの反動(疲労感)が大きくて嫌だったので、他の手段を探していました。

それが、”プロテイン”でした。

筋肉量が劇的に増えたとか、太ったとか、そういうのは一切ありません。

でも、プロテインを飲んで、パワーがついたのか、動ける量が倍以上になり、休日のお出かけも月曜日に持ち越すことなく、風邪も1年に1回引くか引かないかくらいの健康体になりました。

幼稚園の送り迎えに加えて、ジムに行って筋トレをしても、帰宅後に家事をする気力も残っています。

プロテインを飲むようになったきっかけ

疲れていたら、大体の人が飲むであろう”栄養ドリンク”。シャキッとして、バリバリと用事がこなせるので、数日ほど疲れが取れないな〜と感じた時にノンカフェインの栄養ドリンクを飲んでいました。

その効き目も1日も続きませんでした。続かない上に、バリバリと用事をこなした分の体力のダメージが来るので、余計に疲れて動けないという悪循環がありました。

体力があれば、栄養ドリンクを飲んでもその後のダメージは少ないのかもしれませんが、出産後、寝不足続きで体力の回復すら難しい時期に、体力の前借りをしたのでダメージが大きかったのかもしれません。

元気な人って、なんで元気なんだろうと考えました。

元気な人といえば、ジムのスタッフさん・若い子、◯◯ちゃんのママ…

自分との違いを考えたところ、”筋肉がある”という結論に。そして、明るい!私と真逆!

でも、運動をするなんて絶対無理…睡眠時間を確保するだけで精一杯!

でも寝てるだけじゃ筋肉なんて増えないよね…

プロテインを飲み始める前の私

プロテインを飲み始める前の私の特徴は、こんな感じ。

  • 風邪を引きやすく、なかなか治らない
  • 体力が無さすぎて、出掛けるのも億劫
  • 首肩腰が慢性的に痛み、動きたくない
  • 午前中で力尽き、午後は基本的に何もできない

颯爽と歩くお年寄りよりも、年寄りじみていました。

膝の筋肉も衰えていて、「筋肉、老人並みですよ…!」と整体師さんに言われる始末。あれだけ子供を抱っこして、歩いているのに、なんで衰えるんだか不思議でした。

プロテインを飲み始めてからの私

私に足りなかったものは、カロリーとたんぱく質でした。

すぐにエネルギーとなる糖質と、筋肉のもとになるたんぱく質が圧倒的に足りてません。授乳して、子育てで体力を消耗しているだけの状態です。

単なる”少食”だったんです。そりゃ体重も減り続けるし、筋肉量も衰えます。

プロテインを飲むと、十分なたんぱく質と、糖質を少し補給できます。

常にやる気がなく、他のママさんとの会話で笑う気力すらない私が、あっという間に元気になりました。

それも、体力の前借りではなくて、今ある体力を使っている感覚です。

次第に、外出が増えたり、パン作りを楽しんだり、ジムに行ったりと、活動的になれました。それなりに疲れはするものの、年齢を重ねているにも関わらず、体力が付いていってると思います。

プロテインをいつ飲んでいたのか

プロテインは、確実に飲める「朝」に飲んでいました。

食べ過ぎていない日の「夜」も飲んでいました。お腹いっぱいの日は、寝る前に飲むと胃が重く感じてしまうので…。

夜にも飲んだ方が、次の日の目覚めがいい気がします。

食事で十分なたんぱく質を補おうと思うと、食事の量が全体的に上がってしまうので、プロテインが手軽で便利です。

初めての人におすすめのプロテイン

初めて飲むなら、スポーツドリンク感覚で飲めるこちらのプロテインがオススメ。

ただ、それなりにコスパがかかるので、甘いのが好きならこちらがオススメです。

コスパ抜群なプレーン味のこちらもオススメ。ただ、何のフレーバーでもなく、我慢するか慣れてしまうかしないと、飲むのは辛いので、一押し!とまではいきません…。

(関連記事:無添加のプレーンなホエイプロテイン!甘いのが苦手ならこれがおすすめ