子連れディズニー

【レポ】ホテルミラコスタに子連れで宿泊!花火も見れた!

すっかりミラコスタのとりこになった桃山美月です。

東京ディズニーシーレポ第2弾はホテルミラコスタのお部屋のご紹介です!!

第1弾は疲れない子連れディズニーシーの回り方とコツについて書きました。

今回宿泊したお部屋は「ポルトパラディーゾサイド スーペリアルーム・ピァッツァグランドビュー」です。

具体的にどの辺のお部屋かというと…


メディテレーニアンハーバーを正面に見て、左手にあります。

メディテレーニアンハーバーとカフェ・ポルトフィーノやマンマ・ビコッティーズ・ベーカリー、その上階にあるミラコスタの窓が見える部屋です。

宿泊してから1ヶ月経ってるのに、未だに子どもたちも振り返って「ほんとうにさいこうだったね〜♡」と思い出に浸るほど。

どんなお部屋だったかご紹介します!

「ポルトパラディーゾサイド スーペリアルーム・ピァッツァグランドビュー」の位置と宿泊料金

冒頭にも登場したこの画像。

そう、このあたり。

メディテレーニアンハーバーを正面に(ホテルミラコスタを背中に)して左手の方のお部屋でした。

気になる料金は…だいたい約85,000円!!!

【楽天トラベル】ホテルミラコスタの宿泊料金を調べてみる

通常チェックイン!初めてならキャストによる案内を頼もう!

わたしは言わずもがな初めてのミラコスタ。

美月の夫

初めての宿泊ならキャストに案内してもらうといいよって、ググったら書いてあったよ

美月

そりゃお願いするっきゃないね

平日で空いていたからなのか、16時過ぎのチェックインは待つことなくスムーズに終了。

部屋への案内にはキャストの手配のためか、数十分ほど待ちます。

子どもたちはディズニーアニメが流れているモニターの前に釘付け。

美月の夫

アニメのおかげで待ち時間はあっという間だったよね

キャストに呼ばれて、部屋まで案内してもらいました。

部屋の外にある窓からはパレードや花火は観れないそう。

お部屋まで距離がありますが、

「みっきー、わんわん、みっきー、わんわん、くじら」と延々と壁の絵を見て繰り返す次女、

テンション上げ上げでディズニーソングを口ずさむ長女、

そんな子どもたちにも、とてもにこやかに対応してくださり、とっても良かったです。

何かお願いがある場合は、この時にお願いしておくとスムーズですよ。

美月

ソファとベッド下にあったベッドの片付けをお願いしたら、すぐ連携して案内が終わる前にすぐ来てくれましたー

部屋の内装とアメニティグッズ

どこもかしこもミッキーだらけでインスタ映え!ベッドもメルヘンですよね。部屋に入った時はベッドだったソファです。ソファに戻るとベッドになるとは思えないほどのしっかりした造り。普通のホテルのようにお茶とコーヒーもありました。紙のコースターもミッキー♡

アメニティも全部ミッキー♡使うのがもったいない…!シャンプーはほんのり甘い香りで洗い上がりもサラサラになりました。あとは、泊まって確認してみてくださいね。

パレードは見えた?花火は?

結論から言うと、パレードは窓に張り付けばなんとか見ることができました。

そして、花火は、バッチリ見れました!!!

今回宿泊した目的は「花火を見ること」。

花火を見るとなると日帰りではキツい!だからどこでもいいから泊まりたい!

そんな動機で宿泊したんですが、ミラコスタに泊まりたいという夢は叶うし、目的も果たせるし、結果的に家族全員が振り返っては「最高だった~」と言うほどの思い出になりました。

パーク側の部屋の一番の特典は閉園時間中の様子が見れること

あえて写真は載せません。

わたしが宿泊したのは11月初旬…ちょうどハロウィンからクリスマスへと変わる時期です。

閉園後にたくさんのトラックが到着して、夜な夜な飾りの付け替え作業が行われていました。

また、早朝にはクリスマスから行われるショーの練習風景を見ることができました。必見ですよ!!

さらに、パーク内のキャストは、ホテルの部屋から見ているゲストを発見すると手を振ってくれるんです。(作業員さんは黙々と作業されています)

キャストにとってパークを出るまでがお仕事なんだな、と仕事の徹底ぶりに心を打たれました。

 まとめ:とにかく最高だから一度は泊まってみるといい

とにかく最高。

シーやランドもそうですが、キャストや裏で支えている人たちの仕事ぶりがしっかりと伝わってくるのがいいです。

ミラコスタに泊まり、裏側を垣間見たとしても全く壊れない夢の国感。

最高。