AppleWatch

主婦だけどAppleWatchを買った!1ヶ月使ってみた感想

もしかしたら必要ないんじゃないかと思われるぜいたく品、アップルウォッチを買ってもらいました。

悩んでた経緯はこちら

使ってみると、やっぱり買ってよかった!と実感することばかり。

子どもと手をつないでいても簡単な操作ならできるのは、子育て中の主婦にはありがたいですよね。

子育て中の普通の主婦がアップルウォッチを1ヶ月使ってみた感想です。

アップルウォッチを買って良かったと思うこと

とにかく買ってよかったな、という気持ちでいっぱいです。邪魔なのでアクセサリーすら身に着けないわたしですが、着けるのが苦になっていません。

1.iPhoneをポケットに入れておかなくてもいい

ポケットに入れておかなくてもLINEやiMessageの内容は確認できるし、電話の着信にも気付けます。

ただし、iPhoneが近くにないとApple Watchはただの時計と化しますので、鞄に入れておく必要はあります。

2.iPhoneが対応していなくてもApple Payを使える

コンビニや大手のスーパーではiDやQUICPay、SuicaやPASMOといった交通系のカードで決算できますよね。

それらが、カードをわざわざ財布から出すことなく、アップルウォッチでできるんです。

ほぼ子連れでの買い物なので、リュックから財布を出し、財布からカードを出し…あーー!そっち行かないで!ジッとしてて!なんていうことをせずにお会計がスマートに終わります。

財布ってなかなか重いので、行く場所が決まっていれば財布を持たずに出掛けることが増えました。

3.思いついたその場でtodoistにタスクを追加できる

todoistはアップルウォッチにも対応しています。

音声入力でタスクを追加します。

家族の名前などは変換されにくくて、なんじゃこりゃ…という文になることもありますが、自分で追加したものなのでだいたい分かります。


依存気味だったスマホから離れる時間が激増した

1番よかったと思うことは、惰性でつい触ってしまう時間泥棒、iPhoneから離れることができたこと。

離れることで、子どもと触れあう時間も増えたように思います。

以前は夫からメッセージが来たら、確認して、返信して、Twitter開いてズルズルと…

そんなことが一日に何回も。

何にも生まなかった時間が少しばかり充実したものになってきています。

まとめ:アップルウォッチで子育て中の不便をカバーできる

  1. iPhoneを持っていなくても通知を確認できる
  2. 財布やiPhoneを取り出さなくても会計ができる
  3. iPhoneを取り出さなくてもタスク追加ができる
  4. スマホを触る時間が減り子どもとの時間が増える

このように、わたしには買うメリットがたくさんありました。

意外とファッションを邪魔しません。

ただ、音声入力しているとき、若干人目が気になるので、イヤホンマイクも併用したほうがいいなと思っています。