1週間の料理をウィークックナビでやってみた感想

1週間の料理をウィークックナビでやってみた感想

毎日、毎日、献立を考えるのが面倒…そう思っているのはわたしだけじゃないはず。

  • どうしても自分が食べたいものや子供が好きなメニューを当日に決めて作ってしまう
  • 常に今日の献立をどうしようか考えていて悶々としてしまう
  • 自分の料理、味付けに飽きてきた

そんな頑張る主夫・主婦のためのステキなサイトを見つけました。

段取り上手で無駄なく美味しく|1週間の献立はウィークックナビ

栄養バランスの取れたメニューを提案してくれるこのサイトで、献立を考えることから解放されるんです。

実際に「子育て応援献立(1週間)」のメニューに従って、2週間ほど作ってみて感じたメリットとデメリットをまとめてみました。

ウィークックナビを利用してみて良かったところ(メリット)

献立を立てなくてもよい

献立を立てなければいけないという煩わしさから、速攻で解放してくれます。

ウィークックナビ成分表示

しかも、栄養バランスはバッチリ!

糖質制限をしていても成分表示があるので大体の糖質量がわかります。1食でたんぱく質が28gあるもうれしいです。

食材リストはすでにある材料をオフにして印刷が可能

ウィークックナビ食材リスト

食材リストでは既にあるものはオフ状態にして、しかも[未チェック品目を上へ]というボタンで整列することができます。

印刷も可能です。

わたしは紙で持っていく派ですので必要な機能です!

1週間(5日)分の下ごしらえと平日の仕上げを時系列書かれている

ウィークックナビ休日下準備

1週間分(5日分)の下ごしらえ・下準備の流れが時系列で書かれています。実際、わたしはこの下準備を60~90分で終えることができました

平日の仕上げは平均30分で終わるように組まれています。

ウィークックナビ平日仕上げ

平日に同じくらいの時間を献立を立てるのにあてていたので、かなりの時間節約になりました。

どのレシピも美味しかった

一番気になるのは味だと思いますが、どのメニューも美味しくできました。

普段使わない食材も使えるのもいいと思います。

料理の勉強をしたい人にいいと思いました。

ウィークックナビを利用してみて合わなかったところ(デメリット)

乳幼児向けのメニュー構成ではなかった

子育て応援献立となっている割に、キムチや辛めのメニューが加わっていてちょっと大きい子供がいる家庭向きかなと思いました。

我が家は乳幼児がいるので、子どものごはんは別メニューを用意して対応しました。

これはこれで、大人は食べたいものを食べられるしいいのかもしれません。

子どものメニューを別に用意するのがめんどくさい日もあったので、せめて取り分けのできるメニューだったらうれしかったりします。

下準備の流れに少し無駄がある

下ごしらえの際に、野菜を切った後に肉を切って、そのあとまた野菜を…とその都度まな板を洗わなければいけなかったのはちょっと面倒だったので残念でした。玉ねぎさっき切ったのに、ここでまた切るのー?と。

あとは、イカを裁かなきゃいけないとか、多くの人が苦手とするであろう手順のない構成だといいかもしれないなんて思いながら作っていました。(結局裁かなくていいように切り身を買いました)

献立を変更(編集)できるが下ごしらえと平日仕上げの時系列手順は無くなる

システム上当然だと思うのですが、献立を編集してしまうと、下ごしらえの手順や平日仕上げがまとまった状態で表示はされないので注意が必要です。

最適化するアルゴリズムが開発されると主婦的にはとてもうれしいですよね。

ウィークックナビに追加してほしい機能

家族構成(人数)を設定して分量が自動計算されるようになるとすごく助かります。

あと、献立を編集するのが少し手順が複雑な気がしました。体感的に利用できるともっと使いたくなると思います。

さいごに

5日間、献立何にしようかなー、買い物しとかなきゃーなんて考えなくてはいけないことがなくなったのは本当にうれしかったです。

夕食宅配サービスを利用した時もそうでしたが、毎日献立を考えることにエネルギーを持って行かれないメリットはすごく大きかったです。